産業廃棄物リサイクル|建物解体工事 株式会社大空リサイクルセンター

サイトマップ

沿革

1982年11月
株式会社大空輸送を資本金200万円にて東京都武蔵村山市伊奈平5丁目58番地の5に設立、引越しを主体とする運送業を行う。
1984年 1月
業務内容の変更(運送業の他、外溝工事、ホームクリーニング等を行う)に伴い、社名を株式会社大空ホームサービスセンターに変更。
1987年 5月
目的に産業廃棄物処理業を加える定款変更を行う。
1990年 3月
業務内容変更に伴い、社名を株式会社大空リサイクルセンターに変更。
業務拡張に伴い、本社を東京都武蔵村山市伊奈平5丁目43番地の6に移転。
1990年 9月
埼玉県産業廃棄物収集運搬業の許可を取得する(同年、千葉県の許可取得、以下、許可取得について省略)。
1991年 9月
埼玉県産業廃棄物処分業(中間処理)の許可を取得する。
1991年 12月
埼玉県所沢市松郷に、埼玉中間処理工場が完成。稼動を開始する。
1992年 5月
神奈川県産業廃棄物処分業(中間処理)の許可を取得する。
1992年 6月
神奈川県相模原市麻溝台に神奈川中間処理工場が完成、稼動を開始。
1996年 3月
資本金1200万円に増資。
2001年 4月
東京都産業廃棄物処分業(中間処理)の許可を取得する。
2001年 5月
東京都足立区入谷に東京中間処理工場が完成、稼動を開始。
東京都青梅市今井に多摩中間処理工場が完成、稼動を開始。
2006年 9月
ISO14001の認証を取得(当初は本社及び東京工場のみ。現在は事業所すべてにおいて認証済)
2009年 6月
東京都と「廃プラスチック類の埋立ゼロに関する協定」を締結する。
2010年 1月
ISO14001取得(埼玉中間処工場、神奈川中間処理工場)。
2010年 2月
東京における優良性基準適合認定制度において、「第1種評価基準適合業者(産廃エキスパート)」に認定される。
埼玉中間処理工場について、埼玉県から廃棄物再生事業者(木くず)に登録される。
2012年 1月
建設業許可(東京都知事許可 一般建設業)を取得する。
2012年 4月
関連会社である有限会社大空土木と合併。
資本金2400万に増資。
2014年 12月
東京における優良性基準適合認定制度において、「第1種評価基準適合業者(産廃エキスパート)」に更新認定される。
2015年4月
建設業許可(東京都知事許可 特定建設業)を取得する。
2015年10月
宇留野利彦、代表取締役に就任。
2017年
東京都における優良性基準適合認定制度において、「第一種評価基準適合事業者(産廃エキスパート)」に更新認定される
2018年
解体工事部門を(株)大空に分社化し、産業廃棄物処理業(収集運搬業、中間処分業)専業となる。
2020年10月
和田敏之、代表取締役に就任。
2021年
東京における優良制基準適合認定制度において、「第1種表記基準適合業者(産廃エキスパート)」に更新認定される。